就活のためにも何か資格を取らないといけないのかなと考えている人も多いですよね。

そう考えた際に、候補の1つとして上がる資格に「簿記」というものがあると思います。
しかし、実際この「簿記」とはどういう資格なのか、何の役に立つのかなどについては知らない人がほとんどでしょう。

今回は、その「簿記」について簿記2級を持っていて内定をとった4年生にインタビューしてきましたのでその情報とともに資格が就活に与える影響を考えていきます。

簿記とは

まず、簿記って何かについて簡単にお伝えします。

簿記とは、個人事業主や法人が行っている経済活動を帳簿と呼ばれる記録帳のようなものに記録する方のことです。
簡単に言えば会社版家計簿の書き方のようなものです。

資格としての簿記は、日本商工会議所という団体が主催しているもので内容の簡単なものから3級、2級、1級があります。

試験日程は、3級と2級が2月、6月、11月の年3回、1級が6月と11月の年2回です。

簿記を学ぶメリット

就活におけるメリット

では、簿記を学ぶ就活上のメリットは何なのでしょう。
簿記を学ぶとビジネスにおけるお金の動きを数字から読み解くことができるようになります。

この知識は、ビジネスにおいてとても役に立つため多くの企業が簿記の資格を持った人材を欲しがっています。

銀行などの金融機関や企業の経理部門で働くにはもちろんのこと、それ以外の職場で働く際にもとても有用なものです。

 

事実、簿記は就活前にとっておきたい資格ランキング上位の常連となっています。

さらに、私が実際に通信系の大手企業に就職した先輩から聞いた話では、会社から簿記2級の資格を取るようにとの指示があったそうです。

やはり簿記は就活のためだけでなく、実際に企業に就職した後も必要になってくるスキルだと言えます。

 

また、簿記を学ぶと企業が決算の際に公表する財務諸表を読み解くことができるようになります。

これができれば企業の経営状態を数字から判断できるようになります。

この能力があれば企業分析をする際に、様々な企業の経営状態の良し悪しを比較でき、結果として将来有望な企業を見つけることができるようになるのです。

これは自分自身が就活の際、どの企業に応募するかを決める際に非常に重要なものになってきます。

就活以外の場面での簿記のメリット

また、就活からはやや脱線しますが、株式投資などに興味のある大学生も多いと思います。

企業の財務諸表を理解できると、企業の経営状態が細部までわかるため株式投資においてかなりの強みとなってきます。

さらに、公認会計士や税理士といった国家資格は簿記の延長線上にあるため、何となく始めた簿記の勉強によって会計の分野に興味がわき、それらの国家資格を目指すようになる人も少なくありません。

就活先輩へのインタビュー

前置きが長くなりましたが簿記2級をもっていて内定を獲得した先輩にインタビューしてきましたので、参考にしてみてください。

ゼロリク
簿記2級を取ったきっかけを教えてください!!

先輩A
自分は3年生の4月に当時の先輩が就活で苦しんでいるのを見て、自分はこんな風になりたくはないなって思ったのがきっかけだよ。
そしてとりあえず、資格を取ったほうがいいんじゃないかと思って簿記2級なら取れるんじゃないかなって思って勉強を始めた!

ゼロリク
へー!就活を意識するのが早かったのですね!
で、実際就活に役立ちましたか?

先輩A
正直わからない。。。ESには書けるけど簿記を持っていたから内定が取れましたとは言えないな
どちらかというと経験と結果を重視して見られたと思うよ。

ゼロリク
具体的に「経験と結果」とは何ですか?

先輩A
インターンとかサークル、部活などでどんな経験を得て、そこからどんな結果を得られたのかを言語化できたほうがいいと思ったよ。

このように資格全般に言えることですが、資格を取っていたから就活に有利だったという因果関係はよくわかりません。
であれば、学生ならではの経験を積んでいたほうが就活で有利になるのではないかと感じました。

まとめ

ここまで話してきた通り、「簿記」という資格は就活の際や就職した後などでも幅広い職種に渡って役に立つものです。

「簿記」という資格に興味が湧いてきた方も多いと思いますので、別の記事で簿記試験の勉強法について話していきたいと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事