これから就活のために何か資格は取っておきたいと考えている人も少なからずいるのではないのでしょうか?
しかし、どんな資格を取ったらいいのかわからないですよね?

そこで、今回は内定をもらい就活が終わった大学生約100人にアンケート実施したので、その結果得られた情報をもとに全員に共通して取っておきたい資格ベスト3を紹介します!

 TOEIC

TOEICは、OB訪問、サークル等のいろんな先輩から「とっといたほうがいいよー」などとよく耳にします。
実際にグローバル化が進んでいる今日、みなさんも英語の重要性を多少は理解していると思います。
特にグローバル展開している企業などを志望している学生は、英語できると有利になること間違いないのでおすすめです。

TOEICとは聞く・読む力を測るTOEIC® Listening & Reading Testと話す・聞く力を測るTOEIC® Speaking & Writing Test2つあります。
企業側はTOEIC® Listening & Reading Testのスコアを参考にしていることが多いようです

おすすめのポイント
・企業側も英語をできる人材を欲しがっているためスコアがあると就活に有利
・就職後もグローバル化に対応できる

ただTOEICは合格、不合格ではなく点数で結果が表れます。
したがってどの点数からだと就活で使えるかなどは明確に決まってはいません。

一応目安としては600点で「まあまあ英語できるレベル」700点で「普通に英語使えるレベル」といった感覚を持っていたほうがいいかもしれません。
ですので600点以上の得点でESに書けると覚えておきましょう。

あと余談ですが、英語が聞いたり話せたりするようにしておくとお金がたまって海外旅行に行く際、語学力で心配になる必要がなくなるのでオススメと某OBが熱弁していました。

秘書検定

次に取っておきたい資格は秘書検定です。

秘書検定は他の資格、検定より比較的取りやすい資格となっており2級、3級は受験者の半数以上が合格しているのでとてもおすすめです

具体的な内容は、社会に出て働くうえで求められる知識やマナーなどを筆記試験と面接試験を通して問われるという内容です。
2級、3級は筆記試験のみであり、準1級からは二次試験として面接試験があります。

3級は本当に基本中の基本を問われるため、3級受験者は高校生が多いようです。

2級は3級より少し難易度が上がり効率の良い仕事の仕方も問われるので、就活、就職に役に立つ大学生、社会人が主に受験しています。
準1級は物事の判断力、対応力が求められます。

また、二次試験として面接試験もあるため就活生の面接対策としても活用できるため非常におすすめです
1級は上級秘書のスキルを求められるので現役秘書などが主に受験しているようです。
そのため、就活生は準1級を取得できたらいいと思います。

おすすめのポイント
・社会人としてのマナー、スキルが身につき就活に役に立つ
・面接試験もあるため就活の面接対策にもなる
・人としての印象が良くなる

運転免許

運転免許は大学在学中に取る人が多いと思います。
正直、就活で役立つということはないです。

ただ地方勤務では特に言えることですが、自動車は通勤手段であり生活移動手段であります。
都会の大学に通っていると電車とバスでほとんどの場所に行くことができますので自動車免許なんてお金かかるだけだからいらない!と思うかもしれませんが取得したほうがいいです。
また自動車免許は顔写真つきの身分証明書として利用できるので重宝します

まとめ

いかがでしょうか?
今回ご紹介したのはどんな職業であっても有利に働くであろう資格です。
もちろん進みたい業界によっては取ったほうがいい資格はまだまだあります。

しかし、矛盾しているかもしれませんが資格ばかり時間を取られてもいけません
大事なことは自分とはどんな人間かを理解し、そのうえで自分に適した仕事を見つけていくことです

資格を取ることが就活で勝つことに必ずしもつながるわけではないので並行してインターンをするなどして様々な経験を積んでおきましょう。
インターンについては以下の記事にて詳しくまとめておりますので是非ご覧ください。
インターンシップのメリットとデメリットを紹介します!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事